スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年08月14日

米軍M1941ウールニットキャップ(ジープキャップ)

 こんばんは。ビッキー池田です。今回は第二次世界大戦時の米軍で使用されていたアメリカ軍のM1941(M41)ウールニットキャップを紹介します。


 M1941ウールニットキャップ(CAP, WOOL, KNIT, M1941)は1942年2月に採用された防寒用の帽子です。ビーニーキャップ(Beanie Cap)と当時は呼ばれていました。ジープキャップという呼び方がよく知られていますが、これは第二次世界大戦後にサープラス業者が名付けたもののようです。M1943フィールドジャケットなどと共にM1943フィールドキャップ(Cap, Field, Cotton, M1943)が採用されたことにより、ウールニットキャップは限定採用となりますが、WW2を通して使用例が見られます。なお、M1941ウールニットトーク(TOQUE, WOOL, KNIT M1941)というバラクラバが1942年3月に採用されましたが、こちらもM1943の登場でウールニットキャップと共に限定採用品となりました。


 防寒用ということでヨーロッパ戦線での使用が主ですが、太平洋戦線でも使用例がありました。

 正確な時期は不明ですが、HBT(ヘリンボーンツイル)作業服ではなくアメリカ陸軍のチノ(夏季・熱帯用のカーキ色制服)を着用しているので、太平洋戦争の比較的初期に米陸軍が撮った記念写真だと思います。右から2番目の上半身裸の隊員がウールニットキャップを被っていますが、頭だけ暑そうです。中央の3名が被っているのはHBTハットで、左端の隊員のはM1941(もしくはM1943)HBTキャップと思われます。また、画像を縮小したら見えなくなりましたが、右から3番目の人が被っているギャリソンキャップのパイピングが砲兵用の赤のようなので、彼らは砲兵隊のようです。砲兵部隊なのでHBTの作業服がまだ支給されていないだけで、本当はそれほど初期の写真ではないのかもしれません。


 こちらも太平洋戦争初期の米陸軍と思われます。左端の人がウールニットキャップを被っており、彼は士官用のチノと士官用のトラウザーズベルトを使っているので、士官です。HBTハットやM1ヘルメットのライナーを被っている人もいます。


 とはいえ、やはり欧州戦線での使用の方が多く確認できます。


 もともとヘルメットの下に着用することが想定されていた帽子なので、ヘルメットの下に被った例も多いです。

 写真右の第84歩兵師団の衛生兵がM1ヘルメットの下にウールニットキャップを被っているようです。はっきりと見えないので、もしかすると他の種類のキャップ帽かもしれませんが。彼が着ているのはM43フィールドジャケットでしょうか。左の装甲車はM8グレイハウンドのようです。正確な時期は不明ですが、第84歩兵師団がヨーロッパで活動していた時期と背景が冬であることを考えると、1944年末から1945年初頭のドイツで撮影された写真と思われます。



 整備兵たちがP-47サンダーボルトに弾を入れています。このようにAAF(United States Army Air Forces : アメリカ陸軍航空軍)でも使用例がありました。写真左の人が被っています。しかし、AAFでは防寒用のニット帽としてA-4ウィンターキャップが採用されていたためか、それほどウールニットキャップは見かけません。写真中央の人はA-4を被っているようです。


 なお、これらの写真は全て米陸軍の写真で、海軍や海兵隊での使用例があったかは分かりませんが、陸軍の装備を多数使用していた海兵隊であれば、使っていても不思議はないと思います。



 それでは、自分のコレクションのM1941ウールニットキャップを紹介します。


 ニット帽につばを付けたようなデザインです。



 防寒性のため、縁の折り返し部分を下ろして耳を覆うこともできます。


 ラベルにはサイズだけ表記されており、名称などは書かれていません。「""」の表記が無く、「M」や「L」とだけ書いているラベルが付いているものも確認されています。



 ちなみにヤフーオークションでも1個実物ウールニットキャップを出品中ですので、良かったらご覧下さい!!
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f95408757


 戦後も現在までジープキャップという名称で同様の形のつば付きニット帽が民間で生産されていますが、米軍で使用されていたかどうかは分かりません。しかし、米軍は様々な民生品のニット帽やバラクラバを使用してきたので、民生品のジープキャップが使用されていても不思議は無いと思います。



人気ブログランキングへ  


Posted by ビッキー池田  at 00:01Comments(0)帽子類

2010年07月31日

リーフパターンの帽子(ローカルメイド、民生品等)その2

 こんばんは。ビッキー池田です。今回はベトナム戦争時に作られたと思われるリーフパターン迷彩のベレー帽を紹介します。



 第75レンジャーL中隊(L Company 75th Ranger)の隊員です。レンジャー部隊とLRRPでは比較的頻繁にリーフパターンのベレーが使用されていました。



 レンジャーよりもリーフパターンのベレーの使用例がよく知られているのはNAVY SEALsでしょうか。手前のタイガーストライプ迷彩(Tadpole Dense PatternかTadpole Sparse Patternと思われます)を着た隊員がリーフパターンのベレーを被っています。デモリッションバッグを彼は携行していますが、武器がmk.23(ストーナーLMG)なので、デモリッションバッグの中身は爆薬などではなく、ベルトリンク弾薬やマガジンかもしれません。



 Ranger、LLRP、SEALs以外でも稀にリーフパターンのベレーは使用されていました。この写真の彼らは背景の文字から分かるように海兵隊の第3フォースリコン(3rd Force Reconnaissance Company)のようです。彼らの多くがリーフパターンのベレー帽被っています。後列右端の隊員はゴム引きコットン(ビニロン)製のメディカルパックを持っているようですが、海兵隊には衛生兵がいないので、彼は海軍から派遣されたコーマン(CORPSMAN)かもしれません。また、後列左から2番目の隊員は左肩にナイフを装着しているようですが、海兵隊で一般的なKA-BARではなく、航空部隊用のサバイバルナイフのようです。航空部隊用のサバイバルナイフは特殊部隊隊員にもよく好まれていました。



 さて、自分のコレクション紹介に入ります。



 リップストップのグリーンリーフ生地を使用した者ですが、大変作りが甘いです。縫跡からすると、リーフ迷彩の戦闘服をばらして帽子にしたものと思われます。


 2個目も大変作りが甘いものです。


 おそらく本来は縁にサイズ調整用の紐が入っていたのだと思います。


 ベレーフラッシュの縫い跡があり、縫い後のところに黄色い糸が残っているので、グリーンベレーの第1SFG(特殊部隊群)のベレーフラッシュがついていたのかもしれません。SFGでも稀に迷彩ベレーが使用されていました。なお、こちらのベレーはヤフーオークションにて出品中です!


 さて、最後の1個はリーフ迷彩系の迷彩パターンですが、かわった色合いのものです。
 この迷彩はフィリピン空軍の試作迷彩とされているSanforized Patternと思われます。


 米海兵隊のスタンプが入っていることから、フィリピンに駐留していた米軍向けに作られたものと思われます。こちらの写真と先にあげた写真で色合いが違いますが、写真の関係ではなく実際に同じではありません。先にあげた写真の部分は退色しているようです。本来はこのようにもっと緑系の彩色のものとなります。ちゃんと革バンドが使われていたり、迷彩生地と裏地の間に綿のような生地が入っていたりとなかなかしっかりとした作りです。


 やはり米軍式の右垂らしに作られています。このSanforizedパターンの迷彩自体の年代がわからないのですが、おそらく1970年代後期から1980年代のものではないでしょうか。このベレー以外に米空軍のパッチ付きのSanforizedパターンのテーラーメイドのジャケットを見たことがあるので、少なくともほぼ確実に米軍がフィリピンから撤退した1992年以前のものだと思います。



 以下の記事も参考にどうぞ。
リーフパターンの帽子(ローカルメイド、民生品等)その1
OD色の帽子(ローカルメイド、民生品等)
ダックハンターパターンの帽子(ローカルメイド、民生品等)
タイガーストライプパターンの帽子(ローカルメイド、民生品等)
米軍ERDLグリーンリーフジャケット改造品


人気ブログランキングへ  


Posted by ビッキー池田  at 00:17Comments(2)帽子類