スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年09月25日

南ベトナム軍レンジャー部隊のマルーンベレー

 こんばんは。ビッキー池田です。今回はベトナム共和国(南ベトナム)のレンジャー部隊のベレーを紹介します。


 南ベトナム軍レンジャー部隊(Biệt Ðộng Quân : BDQ)ではマルーン色(栗色)のベレー帽が採用されていました。ベトナム人の隊員と軍事顧問の双方で使用が見られます。

 写真中央に立っている軍事顧問の大尉は南ベトナム軍の初期のリーフ系迷彩の戦闘服を着用しているようです。米軍と南ベトナム軍両方の大尉階級章が取り付けられています。

 南ベトナム軍の他の部隊やフランス軍と同じで、ベレーは左に垂らすタイプです。レンジャー部隊のベレー章を取り付けて着用します。

 1960年代初期のレンジャー隊員です。2人とも武器はM1ガーランドです。左の隊員は22mmライフルグレネードを携行しており、22mmライフルグレネードを発射するためにM1ガーランドにはグレネードランチャー(M7シリーズと思われます)が取り付けられています。また、左の隊員が背負っているのはM1945コンバットフィールドパックのようです。奥の隊員がフランス軍のリザードパターン迷彩のジャケットを着ているのも興味深いと思います。

 米軍から派遣された軍事顧問以外にオーストラリア軍から派遣されたAATTV(Australian Army Training Team Vietnam)の軍事顧問でも着用が見られます。

 オーストラリア軍は専門外なので、詳しくは分かりませんが、徽章から米軍の軍事顧問ではないと分かります。


 左端のベトナム人隊員と中央の軍事顧問でベレーの形状が違います。南ベトナム軍のベレーには立ち上がりの高いタイプと低いタイプが存在し、着用者によっては変わった型のつけ方をする人もいました。軍事顧問のポケットパッチ、ガンベルト、リボルバーが興味深いです。


 4人ともグリーンリーフ迷彩の戦闘服を着ていますが、ベレー章がばらばらです。このようにベレー章にはさまざまな種類があり、ベレー章には金属製のものもありました。前列右側の隊員の戦闘服には所属大隊が上部に書かれたタイプのSSI(Shoulder Sleeve Insignia : 肩用部隊章)を取り付けているようです。また、後列右側の隊員の右胸にはレンジャー部隊のスキルパッチが見えます。

 ベレーにはベレー章以外のものも一緒につけることがありました。

 ベレー章がよく見えませんが、ベレー章の横に南ベトナム軍の大尉の金属製階級章が付いています。このようにベレー章の横に南ベトナム軍の階級章を付けることもありました。彼の1stタイプのジャングルファティーグのジャケットの胸部分にも南ベトナム軍大尉の階級章が確認できます。他には茶革のM3ショルダーホルスターや私物のナイフ(トヨさんの情報により、ランドールM2と判明しました。情報提供ありがとうございます!)が興味深いところです。また、M1936ピストルベルトとM1956コンパス・ファーストエイドポーチが使われていることから、WW2時の装備とM1956装備が混用されていたとよく分かります。


 こちらの軍事顧問の二等軍曹はベレー章の横に南ベトナム軍レンジャー部隊の部隊章のビア缶バッジを取り付けています。ベレー章と一緒にビア缶バッジをつけている例も稀にありました。彼の周辺にいるベトナム人隊員たちはレンジャー部隊の黒豹がペイントされたM1ヘルメットを被っています。


 それでは、コレクションの紹介に入ります。


 ベレー章は手刺繍のタイプでしょうか。


 テーラーのラベルとサイズラベルも残っています。サイゴンのPHUC-THINHというテーラーのものです。


 続いて2つ目です。


 ベレー章は金モール刺繍ですが、模様の描き方がだいぶ甘いです。


 偶然にもこちらのものも同じテーラーの生産品でした。


 そして、最後の1個です。


 残念ながら、金モールのベレー章にダメージがあります。テーラーはやはりサイゴンのテーラーで、HUNG-DAOという名前です。

 なお、こちらのベレーはヤフーオークションにて出品中ですので、興味のある方はこちらへどうぞ!!また、明日9月26日のビクトリーショーでもこちらの商品は販売致しますので、ぜひご覧ください!!ブース番号はX226(Xブロックの226番)で、店の名前は「キャンプビッキー」です。詳しくは以下の会場配置図をご覧ください!!




人気ブログランキングへ  


Posted by ビッキー池田  at 03:17Comments(3)帽子類

2010年09月18日

1970〜1980年代米軍試作ボディアーマー

 こんばんは。ビッキー池田です。今回は1970年代中期から1980年代初頭頃のものと思われるアメリカ軍の試作品ボディーアーマーを紹介します。




 1980年代初頭に採用されたPASGT(Personnel Armor System for Ground Troops : 地上部隊用個人防護システム)装備のボディアーマーのテストサンプル品と思われます。PASGT装備のボディアーマー(いわゆるM1ボディアーマー)とやはり似た形状ですが、共通していない点も多数有ります。


 首のところにM1955ボディアーマーのようなストラップがありますが、これはPASGTボディアーマーにはありません。そして、肩部分のアーマーが独立しているのはPASGTボディアーマーと同じです。M1955ボディアーマーのように射撃用の肩ストッパーが付いているものの、これはPASGTボディアーマーにはありません。


 PASGTボディアーマーや後期のM69ボディアーマーと同じで、前あわせはベルクロ式になっています。


 ボディアーマーの前側と後側を接続する部分はベルクロとゴムバンドになっており、サイズ調整が可能です。M69ボディアーマーやM1952Aボディアーマーではボディアーマーの前側と後側を紐で繋いでいるだけだったので、側面に隙間ができて防護力に問題がありました。しかし、この試作ボディアーマーやPASGTボディアーマーではこのように側面部分に隙間ができないように作られています。

 そして、このボディアーマー最大の特徴はポーチ部分です。ソ連軍の6Б-3ボディアーマーや自衛隊の戦闘防弾チョッキにもポーチが付いていますが、おそらく関連性は無いかと思います。

 全てのポーチのフラップ(蓋)はベルクロどめで、取り外しはできません。4つついているマガジンポーチ部分の下にはダブルフックワイヤー式装備を装着できるアイレット(はと目)が付いています。


 マガジンポーチ部分にはそれぞれ2本ずつM16系の30連マガジンが入ります。


 両端のマガジンポーチの側面にはペンポケットのようなポケットがありますが、ペンポケットにしては大きすぎますし、数も多すぎるように感じます。



 マガジンポーチの間にあるポーチはハンドグレネードポーチと思われ、手榴弾が入ります。大きめに作られているので、M18発煙手榴弾も収納可能です。


 右胸のポーチはバンテージにちょうど良いサイズなので、ファーストエイドポーチかもしれません。しかし、タクティカルギアメーカーのタクティカルベストについている同様の形状のポーチがユーティリティポーチだということを考えると、これも特に用途の決まっていないユーティリティポーチとも考えられます。


 左胸のポーチもいまいち用途がわかりません。こちらもやはりユーティリティポーチなのでしょうか?このポーチの隣にあるパーツもよく用途がわかりません。手榴弾やフラッシュライトなどを引っ掛けるためのループなのでしょうか?


 ラベルに書かれている名称は「LIGHT ARMORED VEST」となっています。


 装備品を装着してフル装備にするとこんな感じでしょうか?



人気ブログランキングへ  


Posted by ビッキー池田  at 00:22Comments(10)ボディアーマー類

2010年09月11日

米軍官給品黒BDU

 こんばんは。ビッキー池田です。今回はアメリカ軍官給品のブラックカラーのBDU(Battle Dress Uniform : バトルドレスユニフォーム)を紹介します。


 ブラックのBDUというと民生品が有名ですが、一部官給品も作られていました。そして、米軍ではOPFOR(Opposing Force : 仮想的部隊)やSRT(Special Reaction Team)でブラックのBDUの使用例が確認できます。


 2005年にフォート・ブラッグ(Fort Bragg)で訓練を行っていたときの第42憲兵旅団のSRTです。4人全員がブラックのBDUを着ています。左側のM9を構えている隊員は私物のジャングルブーツを履いているようです。民間タクティカルギアメーカー製と思われるフルフェイスヘルメット、タクティカルベスト、レッグホルスター(EAGLE社のmk.IIIかMk.V、もしくはBLACK HAWK!社のOMEGAでしょうか?)なども確認できます。

 次の2枚の写真は2005年9月に撮影された第8憲兵旅団のSRTの写真です。

 全員がブラックのBDUのトラウザーズとブラックのスウェットを着ているようです。左端のSRT隊員はポイントブランク社(Point Blank社)のStormボディアーマーを装着していますが、中央の2人はブラックホーク社のS.T.R.K.E.シリーズのプレートキャリアを着用しています。また、正確な形状は確認できませんが、右端の隊員はStormでもS.T.R.I.K.E.プレートキャリアでもないタクティカルベストを着用しています。レッグホルスターはサファリランド社(SAFARILAND社)のカイデックス製6004ホルスターのようです。


 資料不足でモデル名などは分かりませんが、先にあげた写真で使われているものとは違うボディアーマーを着用しています。


 こちらは第7軍のOPFOR(Opposing Force : 仮想的部隊)の隊員です。

 以上の写真ではブラックBDUが確認できますが、官給品か民生品かは確認できません。また、他には米軍ではフォースリコンでもブラックBDUの使用例があったという話があるものの、自分は確認したことがありません。


 それでは、官給品の黒色のBDUの紹介に入ります。まずはジャケットです。


 色が黒色なだけで、ウェスト調整用のボタンタブがないなどの特徴は後期型のウッドランドBDUジャケットなどと同じです。


 官給品黒BDUの色は正確にはBLACK 357という名称のようです。生地は50%ナイロン50%コットンのリップストップ生地になっており、コントラクトナンバーはSPO100-97-D-CB11の1997年ロットで、生産メーカーは「UNICOR, GREENVILLE, IL」となっています。




 トラウザーズの方もジャケットと同様に通常のBDUと同型の作りです。


 こちらもやはりナイロンとコットンの混紡で、コントラクトナンバーはSPO100-97-D-CB10の1997年ロットで、生産メーカーは「UNICOR, GREENVILLE, TEXAS」です。



 以下の記事も参考にどうぞ。
米軍OPFOR(仮想敵部隊)使用BDU(80年代以降)その1
米軍OPFOR(仮想敵部隊)使用BDU(80年代以降)その2
米軍ウッドランドBDUジャケットのバリエーション


人気ブログランキングへ  


Posted by ビッキー池田  at 00:00Comments(5)衣類

2010年09月04日

米軍M1&M2カービン用マガジンポーチ(30連マガジン用)

 こんばんは。ビッキー池田です。今回はアメリカ軍のM1カービンやM2カービン用のマガジンポーチを紹介します。前々回(15連マガジン用)は15連マガジン用のものについて紹介しましたが、今回は30連マガジン用のものの紹介です。


 第二次世界大戦中のM1カービンは基本的に15連マガジンを使用していましたが、30連マガジンが後に採用されます。そして、30連マガジンの採用とあわせて、30連マガジン用のマガジンポーチも採用されました。朝鮮戦争やベトナム戦争で15連マガジン用のマガジンポーチと共に使用例が見られます。

 1950年夏に撮影された米海兵隊の写真で、左から3番目の人の左腰に30連マガジン用マガジンポーチが確認できます。


 ベトナム戦争中の写真です。MIKE FORCEやCIDGでしょうか?手前のM1956コンパス・ファーストエイドポーチを大量に携行している人が1つ30連マガジン用マガジンポーチを携行しているようです。何のためにM1956コンパス・ファーストエイドポーチを大量に携行しているのかはっきりしませんが、M1カービンやM2カービンの15連マガジンを入れているのかもしれません。


 こちらのUZIサブマシンガンを持ったグリーンベレー隊員もM1カービンやM2カービンの30連マガジン用マガジンポーチを携行しています。UZIのマガジンに使う手頃なマガジンポーチが手に入らず、代わりにこのマガジンポーチを使用しているのでしょうか。

 このようにベトナム戦争で30連マガジン用のマガジンポーチは使用が見られますが、あまり使用例が多くありません。15連マガジン用のマガジンポーチやM1956マガジンポーチと一緒にM1カービンやM2カービンを使用している例の方が多いように思います。


 さて、30発マガジン用のマガジンポーチのバリエーションとしては初期型と後期型の2種類か確認されています。

 写真左の初期型は15発マガジン用のマガジンポーチの後期型を改造したものです。OD(OD SHADE #7)のものしか自分は確認したことがありませんが、もしかするとカーキ(OD SHADE #3)のものをベースにしたものも存在するかもしれません。また、後期型(写真右)についてもODのものだけ確認したことがあります。


 どちらもベルトループ式で、下の方にはダブルフックワイヤーの装備品を装着可能なアイレット(ハトメ)が付いています。


 フラップ(蓋)を開けた状態だと初期型(写真左)の方がだいぶ長くなります。初期型のフラップの一部にスタンプが残っており、これからも15発用マガジンポーチの後期型を改造したことが分かります。この写真の後期型はスタンプにあるように、1950年ロットです。



 以下の記事も参考にどうぞ。
米軍M1&M2カービン用マガジンポーチ(15連マガジン用)


人気ブログランキングへ  


Posted by ビッキー池田  at 04:00Comments(4)ポーチ類