スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年06月14日

米陸軍特殊部隊群パッチ付きリーフ迷彩ジャケット

 こんばんは。ビッキー池田です。今回もやはりアメリカ陸軍特殊部隊群特集ということで、SFGのパッチ付きのリーフ迷彩ジャケットをご紹介致します。


 ERDL(Engineer Research and Development Laboratory)リーフ迷彩が採用されると、陸軍ではグリーンベレーやLRRP(Long Range Reconnaisance Patol:長距離偵察部隊)のような特殊部隊へ優先的に配備されていきました。なお、一言でERDLリーフ迷彩と言いましても、グリーンリーフ、ブラウンリーフ、LC-1リーフなどと呼ばれるバリエーションが存在します。

 こちらは第5特殊部隊群(5th Special Force Group)の写真で、左から2番目の隊員がERDLグリーンリーフ迷彩を着用しています。この隊員がリーフ迷彩を着用し、右端の隊員がM1967マガジンポーチを使用していることから、1960年代末以降の写真と分かりますが、BAR(Browning Automatic Rifle)用のM1937カートリッジベルトとM1942ファーストエイドポーチが使われているなかなか興味深い写真です。更に興味深いのが右から2番目の隊員がフランス軍のリザード迷彩のスモック(ビーバーテイルがあり、背中側のポケットがないので、1947/52型もしくは1947/53型と分かります)とタイガーストライプのトラウザーズを組み合わせて着用している点だと思います。


 そして、リーフ迷彩はベトナム戦争後も使用が続き、少なくとも1980年代末(ブーニーハットは1990年代まで)使用されていたようです。また、ERDLリーフ迷彩の戦闘服は夏季・熱帯用の薄手の生地で作られていましたが、ウッドランド迷彩のBDU(Battle Dress Uniform)が登場するまでは他に官給品の迷彩服が無かったので、韓国やアメリカ本土のグリーンベレー隊員にも使用が見られました。

 こちらは1979年11月に撮影された第1特殊部隊群(1st Special Force Group)の韓国分遣隊(Korea Detachment 別名:第39特殊部隊分遣隊)の写真で、左の隊員(二等軍曹?一等軍曹?)はグリーンリーフのジャケットとブラウンリーフ(もしくはLC-1リーフ)のトラウザーズという組み合わせです。左から2番目の隊員の例のようにジャングルファティーグもリーフ迷彩と共に1980年代まで使用されました。

 また、右端の韓国陸軍空輸特戦団(特戦司)の隊員と右から2番目のグリーンベレー士官はヌードルパターン迷彩の戦闘服を着用しており、右端の韓国兵のヌードルパターンはボタンがむき出しなので、テーラーメイド品か郷土予備軍用かもしれません。右から2番目の隊員は肩エポレットにコンバットリーダー章、右胸ポケットに空輸特戦団司令部部隊章、右胸に韓国陸軍降下章というように多数徽章を付けているほか、トラウザーズベルトがいわゆるBDUベルトのような作りの私物です。左のグリーンベレー隊員も右胸には韓国陸軍降下章を付けており、右胸ポケットには空輸特戦団第1旅団のポケットパッチが取り付けられています。


 1970年代後期になると、ジャングルファティーグと同スタイルの胸ポケットが斜めのタイプ以外にストレートポケットになったLC-1リーフやLCリーフやRDF(Rapid Deployment Force:緊急展開軍)リーフなどと呼ばれるタイプが登場しました。こちらも一緒にグリーンベレーでは1980年代末まで使用されました。

 1980年代初期の写真と思われ、右の2人がLC-1リーフを着用しているようです。右から3番目の隊員がBDUを着用しており、その左の2人はジャングルファティーグを着用しています。なお、右端の隊員はミッチェルパターンのヘルメットカバーを裏側にして使用しているようです。


 今回は自分のコレクションを3着紹介致します。

 こちらはリップストップのグリーンリーフ生地のもので、裁断は全てシングル、袖口のマチはないタイプです。コントラクトNoはDSA-100-69-C-1723の1969年ロットで、製造メーカーは「TELLICO MANUFACTURING COMPANY」となっております。


 右袖にはクメール共和国(REPUBLIQUE KHMER)のスクロール型パッチが縫いつけられていることから、カンボジアに派遣されていた隊員着用と思われます。右胸にはコットン製のネームテープが縫い付けられており、名前がスタンプされているようです。


 左胸にはコットン製U.S. ARMYテープとマスターの降下章が縫い付けられており、左袖にはメロウエッジのAIRBORNEタブとグリーンベレーのSSI(Shoulder Sleeve Insignia : 肩用部隊章)が縫い付けられています。


 次はブラウンリーフ生地のものです。

 こちらも裁断が全てシングルで袖口のマチがないタイプです。コントラクトナンバーはDSA-100-70-C-0474の1970年ロットで、生産メーカーは「BURGESS MFG., INC.」となっております。


 右襟には少佐階級章、右袖にはメロウエッジタイプの第173空挺旅団SSIとエアボーンタブが縫い付けられています。ベトナム戦争を第173空挺旅団で経験した隊員と思われます。ネームテープは取り外されているようです。


 左胸にはコットン製テープにスタンプのU.S.ARMYテープとマスターの降下章、左襟には歩兵科兵科章、左袖にはメロウエッジタイプのSPECIAL FORCEタブとAIRBORNEタブとグリーンベレーSSIが縫い付けられています。SPECIAL FORCEタブが採用されたのは1983年ということを考えると、ベトナム戦争時ではなく1980年代に使用されていたものとの判断が可能です。

 なお、このジャケットは他にも注目すべき点があります。

 ポケットのボタンが外されており、ベルクロ(マジックテープ)で開閉するように改造されています。


 生地も2種類のものが使われています。2種類ともいわゆるブラウンリーフ迷彩ですが、裏に表の迷彩柄が透けているタイプと透けていないタイプの2種類です。迷彩柄が裏に透けていないタイプの方が後期の生地とされています。


 そして、最後はストレートポケットのLC-1リーフ型です。

 形状としてはLC-1リーフ型なのですが、使われている生地はブラウンリーフ生地です。ラベルの文字は薄くなっていて判読困難ですが、コントラクトNoは1979年ロットと思われます。背中側上部の裁断のみダブルステッチです。


 コットン製のネームテープとU.S. ARMYテープ、ベーシックの降下章、SPECIAL FORCESタブ、AIRBORNEタブ、グリーンベレーSSIが縫い付けられています。こちらもSPECIAL FORCESタブが縫いつけられていることから、1983年以降に使用されていたもののようです。



 以下の記事もご参考にどうぞ。
リーフパターンの帽子(ローカルメイド、民生品等)その1
リーフパターンの帽子(ローカルメイド、民生品等)その2
米軍ERDLグリーンリーフジャケット改造品
米軍NAG(海軍軍事顧問群)ジャングルファティーグジャケット
米軍手描き迷彩のジャングルファティーグ その1
米陸軍特殊部隊群パッチ付きヌードルパターン迷彩ジャケット
米陸軍特殊部隊群パッチ付きユーティリティシャツ
ベトナム戦争時の米軍におけるトンプソンSMG
ベトナム戦争時の米軍におけるステンガン
米軍及び南ベトナム軍とUZI

人気ブログランキングへ  


Posted by ビッキー池田  at 00:49Comments(0)衣類