2010年06月28日

米軍スリーピングシャツのバリエーション

 こんばんは。ビッキー池田です。今回はアメリカ軍のスリーピングシャツのバリエーションを紹介します。


 どういうわけかベトナム戦争時の写真でジャングルファティーグのジャケットなどを着用せずにスリーピングシャツだけ着ている写真が時折見られます。

 どういうわけか左から2番目の人がリーフパターンのトラウザーズとスリーピングシャツという出で立ちです。右端と右から2番目の人の左袖についているのが第1騎兵師団のSSIに見えるので、第1騎兵師団の偵察犬部隊でしょうか。スリーピングシャツを着た人と右から2番目の人は56式騎槍(56式騎兵銃:中国製のSKSカービン)用のチェストリグを着用しています。また、彼らのうち最低でも3名のメインウェポンはXM177E1のようです。


 本来スリーピングシャツはその名のとおり、寝る際に着用する服で、ある程度の防寒機能があります。採用時期は不明ですが、1950年代末期から1960年代中期の採用ではないでしょうか。

 米軍のマニュアル用に撮られたポンチョとポンチョライナーを使用した簡易寝袋の使い方の写真です。スリーピングシャツを着用しています。彼が使用しているポンチョは一般的なODのものですが、ポンチョライナーは珍しいダックハンターパターンのもののようです。


 防寒性があるので、睡眠のとき以外に防寒用のアンダーウェアとして使われることもありました。

 1969年に撮影された写真となります。ショットガン(ウェインチェスターM1912でしょうか?)を持った第101空挺師団の隊員がジャングルファティーグのジャケットの下にスリーピングシャツを着ているようです。その右の隊員はスリーピングシャツを単体で着ているようにも見えます。ただ、防寒用アンダーウェアとして他にハイネックセーターも存在したので、そちらを着用している可能性も否定できません。特に単体で着ている人の方は襟の感じからしてハイネックセーターのようにも見えます。写真右のフライトジャケットを着用しているベトナム人はベレー章がはっきりと見えませんが、ARVN(Army of the Republic of Vietnam : 南ベトナム陸軍)一般部隊の所属ではないでしょうか。ベレー章の横には少尉の階級章が付いているように見えます。フライトジャケットは私物ではないでしょうか。


 睡眠時の着用もしくは防寒用のアンダーウェアとしての着用が基本で、公式にはスリーピングシャツ単体での着用は認められていませんでしたが、上記のように単体で着用されることがありました。しかし、その理由ははっきりしません。

 グリーンベレー隊員でしょうか?ベオガムパターンのトラウザーズとスリーピングシャツを着用しています。彼のダックハンター迷彩のキャップ帽もおそらくベオガムパターンのものだと思います。


 こちらは1970年から1973年の間に撮影されたグリーンベレーの第1特殊部隊群の韓国分遣隊(Korea Detachment)の写真です。彼はスリーピングシャツと一緒に韓国軍の空輸特戦団(陸軍特殊部隊)のヌードルパターンのパンツを着用しています。スリーピングシャツ単体を単体で着用するケースはベトナム以外の地域でも稀にあったようです。




 それでは、バリエーション紹介に入ります。基本的には初期型と後期型の2種類に分けることができそうです。



 1980年代まで生産されていたのが初期型で、ベトナム戦争で使用されていたのもこのタイプになります。襟の部分が2ボタン式なのが特徴です。こちらのスリーピングシャツのコントラクトNoはDSA100-69-C-0377の1969年ロットで、生産メーカーはFOSTER INDUSTRIES, INC.となります。


 続いて後期型です。


 後期型は1990年頃からの生産で、襟の部分がボタン式ではなく、プラスチック製ジッパー式になっているのが特徴です。後期型はラベルに取り扱い方法が書かれているのも特徴と言えます。こちらのスリーピングシャツのコントラクトNoはDLA100-91-C-0352の1991年ロットで、受注メーカーはMACON APPAREL CORP、生産メーカーはTHOMASVILLE MFG.です。また、使用されているジッパーはYKKのプラジッパー(取っ手は金属)となります。


 また、初期型は年代によってラベルの表記内容が違うようです。残念ながら、資料不足のため、正確にいつ頃からラベルの表記内容が変わっていったかは分かりません。

 DLA100-79-C-3061の1979年ロット品のラベルです。上記の1969年ロットのものは名称にOG-106と入っていましたが、こちらの1979年ロットのものにはOG-106とありません。こちらのスリーピングシャツの生産メーカーはKINGS POINT MFG. CO., INC.です。



 DLA100-83-C-0480の1983年ロットのものでは名称に入っていた素材が消えています。こちらのスリーピングシャツの生産メーカーはLITE INDUSTRIES, INC.です。



 ちなみに1979年ロットのものはヤフーオークションに出品中ですし、1983年ロットのものも販売可能です!また、7月11日開催の第57回ビクトリーショーでもこれらの商品は販売致します!出店ブース番号はB-9(Bブロックの9番)です。詳しくは以下の会場配置図をご覧ください!!もしかするとビクトリーショーではベトナム戦争ロットのものも販売できるかもしれません。



人気ブログランキングへ






同じカテゴリー(衣類)の記事画像
米陸軍特殊部隊群パッチ付きリーフ迷彩ジャケット
米陸軍特殊部隊群パッチ付きジャングルファティーグ
米陸軍特殊部隊群パッチ付きユーティリティシャツ
米陸軍特殊部隊群パッチ付きヌードルパターン迷彩ジャケット
米軍手描き迷彩のジャングルファティーグ その3
米軍徽章付きユーティリティシャツ3rd&4thタイプその2
同じカテゴリー(衣類)の記事
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きリーフ迷彩ジャケット (2011-06-14 00:49)
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きジャングルファティーグ (2011-04-13 01:47)
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きユーティリティシャツ (2011-03-01 02:00)
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きヌードルパターン迷彩ジャケット (2011-01-15 00:01)
 米軍手描き迷彩のジャングルファティーグ その3 (2010-11-21 02:32)
 米軍徽章付きユーティリティシャツ3rd&4thタイプその2 (2010-11-07 14:58)

Posted by ビッキー池田  at 00:16 │Comments(4)衣類

この記事へのコメント
スリーピングシャツ!この分野は全く知識がありません…
ただナム戦の写真を見てるとTシャツだけの兵士の写真をたくさん見ますがあれと同じ感覚だったんですかね?なんか寒さ対策がしっかりされていそうなので逆に暑かったのではないでしょうか?
Posted by イッシー at 2010年06月28日 06:46
 何の目的でスリーピングシャツを単体で着ていたのかは分かりません。普通にジャングルファティーグなどを着るよりも確かに暑いと思います。

 ベトナムも全季節全地域が暑かったわけではないので、スリーピングシャツは比較的気温が低い場合に使用されたのかもしれません。ジャングルファティーグの下に着ると暑い、ジャングルファティーグとTシャツだけだと寒い、そして、スリーピングシャツ単体だとちょうど良いというような感じなのでしょうか。


 ところで、イッシーさんは7月11日のビクトリーショーにはいらっしゃいますか?
Posted by ビッキー池田ビッキー池田 at 2010年06月29日 01:10
 ビクトリーショー!!これがまた残念なことに行けません・・・・・実は1度も参加できたことが無く今回こそはと思っていたんですが、シフト制の仕事で確実に週末休みにならないのでどうにもなりません・・・・・
 かなりレアな装備品が手に入ると聞いているので今探しているM67フィールドパック、ナム戦ロットのスナップリング、ガバメントポーチのスライドキーパー無の初期型のOD色があればいいなと思っているんですがねー!!しかし参加できなきゃどうにもなりません・・・・
 初期のガバメントポーチはカーキーはあるんですがナム戦にこだわる私としてはODが外せません・・・・
 昨日上野に行って中〇商店、松〇商店、笠〇商店、そしてサ〇ズに行ってきたんですが上記の3つはありませんでした・・・・・その代わりに手に入った物もありますので近くアップします!!
Posted by イッシー at 2010年06月30日 10:26
 それは残念ですね。

 M1923マガジンポーチの初期型でODのものは確かに希少です。日本では希少なだけで、海外ではそれなりに出回っていると聞いたのですが・・・。M1967フィールドパックは国内外ともに大変希少ですし、価格もとんでもないことになります。
Posted by ビッキー池田ビッキー池田 at 2010年07月01日 17:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。