2010年07月05日

南ベトナム軍パッチ付きのM73ジャケット

 こんばんは。ビッキー池田です。今回はARVN(Army of the Republic of Vietnam : 南ベトナム陸軍)のフルパッチのM73ジャケットを紹介します。軍事顧問物は何度か紹介しましたが、完全な南ベトナム軍物は当ブログ初登場です。


 南ベトナム軍では様々なスタイルの戦闘服が使用されていました。それぞれに正式な名前はありませんでしたが、コレクターの間ではM59やM67といった名称が使われています。両肩の部分に当て布が付いているものをM59、無い物をM67と呼ぶのが一般的なようです。また、あまり一般的ではないようですが、M67の4ポケットタイプのことをM73とも呼びます。このM73という分類はリンクにもあるSGT-CさんのHPで紹介されていたので、自分もこの呼び方を採用しました。M67やM73という名称はあくまでもコレクターにおける俗称なので、1967年以前にもM67は見られますし、1973年以前にもM73を見かけます。また、当方ではSGT-Cさんの分類方式を採用して、4ポケットタイプでもジャングルファティーグ風のものはTCU(Tropical Combat Uniform : トロピカルコンバットユニフォーム)型、ストレートポケットで隠しボタンのものはBDU(Battle Dress Uniform : バトルドレスユニフォーム)型と呼んでいく予定です。


 LLDB(Lực Lượng Đặc Biệt : 南ベトナム軍特殊部隊)の写真です。後列の左から2番目の人がODのM73型ジャケットを着ているものと思われます。


 鹵獲品の国旗を持っての記念写真でしょうか。右から2番目の人がM73ジャケットを着ているようです。SSI付きのようですが、どこの部隊かは分かりません。右端の人も4ポケットタイプのジャケットを着ていますが、M73なのかTCU型なのかBDU型なのかは不明です。



 自分は衛生部隊のM73ジャケットをコレクションしております。


 このM73ジャケットの背中側にはウェストアジャスター(サイズ調整用のボタンタブ)がありますが、M73にはこのボタンタブがないものも存在します。また、このM73には肩エポレットがありませんが、肩エポレットが付いたものなど他にもM73は様々なスタイルで生産されていました。


 左胸ポケットのポケットフラップにはペンの差し込み口があります。そして、気になる左袖のSSIですが、これはMedical Directorateのものです。適切な和訳が難しいので困りましたが、南ベトナム軍部隊の和訳でDirectorateを上層部と訳しているホームページがあったので、衛生上層部という翻訳はどうでしょうか?襟の階級章はサブデュードタイプになった黒色の金属製少尉階級章です。


 開襟での着用を前提として作られているようで、米軍のTCUジャケットやユーティリティシャツなどにある第1ボタンがありません。また、右胸のスキルパッチは衛生部隊の後期型となり、ネームテープはコットンポプリン生地のものです。


 TTSXQTのスタンプも入っていますが、だいぶ薄くなっています。



 なお、M73ジャケットにあわせるトラウザーズは両サイドにカーゴポケットがある6ポケットタイプで、ポケットのボタンがむき出しのタイプとなりますが、自分は持っていません。


人気ブログランキングへ






同じカテゴリー(衣類)の記事画像
米陸軍特殊部隊群パッチ付きリーフ迷彩ジャケット
米陸軍特殊部隊群パッチ付きジャングルファティーグ
米陸軍特殊部隊群パッチ付きユーティリティシャツ
米陸軍特殊部隊群パッチ付きヌードルパターン迷彩ジャケット
米軍手描き迷彩のジャングルファティーグ その3
米軍徽章付きユーティリティシャツ3rd&4thタイプその2
同じカテゴリー(衣類)の記事
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きリーフ迷彩ジャケット (2011-06-14 00:49)
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きジャングルファティーグ (2011-04-13 01:47)
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きユーティリティシャツ (2011-03-01 02:00)
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きヌードルパターン迷彩ジャケット (2011-01-15 00:01)
 米軍手描き迷彩のジャングルファティーグ その3 (2010-11-21 02:32)
 米軍徽章付きユーティリティシャツ3rd&4thタイプその2 (2010-11-07 14:58)

Posted by ビッキー池田  at 00:27 │Comments(6)衣類

この記事へのコメント
 M73ジャケット!!初耳です!!ホントに南ベトナム政府軍は色んな戦闘服を着ていたんですねー!!衣料に関して新たな発見が多いので拝見していて楽しいです!!
 しかしトラウザーはやはり入手が難しいんですねー!!最近は古着屋をハシゴしていますが、やはりトラウザーは見つかりません・・・・・
Posted by イッシー at 2010年07月05日 23:13
 M73はあまり一般的な呼称ではないようなので、無理もないかと思います。M1956ピストルベルトの後期型をM1966と呼ぶのと同じです。

 南ベトナム軍物は全体的に希少ですが、特にトラウザーズは希少になっています。米軍物でもユーティリティトラウザーズはともかく、ジャングルファティーグのトラウザーズはなかなか古着屋さんにはありませんね・・・。
Posted by ビッキー池田ビッキー池田 at 2010年07月07日 14:07
拝見させて頂きました!

ミリタリーアイテムは通称が多いですからね。コレクターが勝手に名付けたものが多いです。有名なのがタイガー迷彩やLRRPリュックですよね。

南ベの衣類は、サイズが小さいのは手に入るんですがね。今の時代、実用として入手するのは大変です・・・(笑)

追伸:ご報告遅れましたが。当方のリンクも設置完了しています。
Posted by SGT-C at 2010年07月07日 23:41
 コメントありがとうございます!


 個人的には正式名称が無い物についてはコレクターが名付けた名称を使用しています。名前が無いと分かりにくいので・・・。特にタイガーストライプのパターンは名前がないと説明が難しいですね。LRRPリュックという呼び方は呼びやすいのでついつい使ってしまいます(笑)

 タイガーストライプとは違って、ダックハンターには名前がそれぞれついていないので、当方ではダックハンターの迷彩パターンに名前をつけていこうと考えているのですが、なかなか進展しません・・・。


 南ベトナム軍物とベトナム戦争時の韓国軍物は小さいサイズが多いですよね~。服はがんばってやせれば着られないことも無いですが、帽子が小さいのはどうしようもないですし・・・。


 リンクの件、ありがとうございます!確認済みです。また、当方からのリンクがちゃんとトップページへのリンクになっていなかったので、修正しておきました。それでは、ビクトリーショーでお会いしましょう!
Posted by ビッキー池田ビッキー池田 at 2010年07月08日 00:05
ヴィクトリーショーお疲れさまでした。
お声掛けしたかったのですが中々勇気が出ずに帰って来てしまいました。
今後とも頑張って下さい。いつも楽しみにしています。
Posted by かめ at 2010年07月11日 22:11
 ご返信遅れて失礼致しました。

 次回以降も出店予定ですので、ぜひお声をかけてください!ちなみに知人に店番をしてもらっていた時間帯があったので、かめ様がいらっしゃったときに自分はいなかった可能性もあります。
Posted by ビッキー池田ビッキー池田 at 2010年07月13日 14:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。