2009年04月26日

米軍手描き迷彩のジャングルファティーグ その1

 こんにちは。ビッキー池田です。今回はTCU(トロピカルコンバットユニフォーム、いわゆるジャングルファティーグ)のジャケットに手描きで迷彩を施したものを紹介します。なお、これからは10日に1回くらいはなるべく更新していく予定です。




 ベトナム戦争時、このように特殊部隊では(2枚目の画像はもちろん当時の写真ではありませんが)ジャングルファティーグにスプレーやマジックで迷彩を描くことがありました。迷彩衣類の不足とダックハンターパターンやタイガーストライプパターンの迷彩効果の低さが原因と考えられます。


 この第101空挺師団の写真ではTCUはそのままですが、右から2番目の三等軍曹と思われる人がOG-107ユーティリティキャップ(もしくはM1951フィールドキャップか、それらに似たローカルメイド品)に迷彩を描いています。襟用階級章を使用しているので68年以降の写真のはずです。なお、ジャングルファティーグやキャップ帽以外には1stタイプのユーティリティシャツにマジックで迷彩を描いたものを確認したことがあります。


 さて、今回紹介するものですが、4thタイプのジャングルファティーグジャケットにマジック2色で迷彩を描いたものです。もちろん背中側にも迷彩が施されています。また、コントラクトNoはDSA100-68-C-2484の1968年ロットで、生産メーカーはALLEN OVERALL. CO., INC.です。


 第1騎兵師団のヘリクルーのようです。第1騎兵師団SSIとベーシックの降下章とベーシックのエアクルー章とU.S. ARMYテープが縫い付けられています。SSIははじめ、パッチ類は全て全てローカルメイドです。なお、このTCUジャケットは袖の付け根と背中側上部の裁断がシングルで、肩部分と脇下と袖の裁断はダブルになっています。



 以下の記事も参考にどうぞ。
米軍NAG(海軍軍事顧問群)ジャングルファティーグジャケット
米軍手描き迷彩のジャングルファティーグ その2


人気ブログランキングへ






同じカテゴリー(衣類)の記事画像
米陸軍特殊部隊群パッチ付きリーフ迷彩ジャケット
米陸軍特殊部隊群パッチ付きジャングルファティーグ
米陸軍特殊部隊群パッチ付きユーティリティシャツ
米陸軍特殊部隊群パッチ付きヌードルパターン迷彩ジャケット
米軍手描き迷彩のジャングルファティーグ その3
米軍徽章付きユーティリティシャツ3rd&4thタイプその2
同じカテゴリー(衣類)の記事
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きリーフ迷彩ジャケット (2011-06-14 00:49)
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きジャングルファティーグ (2011-04-13 01:47)
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きユーティリティシャツ (2011-03-01 02:00)
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きヌードルパターン迷彩ジャケット (2011-01-15 00:01)
 米軍手描き迷彩のジャングルファティーグ その3 (2010-11-21 02:32)
 米軍徽章付きユーティリティシャツ3rd&4thタイプその2 (2010-11-07 14:58)

Posted by ビッキー池田  at 15:26 │Comments(7)衣類

この記事へのコメント
おぉ〜!凄いTCUジャケット
Posted by アカトラ at 2009年04月26日 18:46
 訪問ありがとうございます。

 アカトラ氏も手描き迷彩のTCUジャケットお持ちでしたよね。手描き迷彩のTCUジャケット自体が貴重ですが、徽章付きとなると更に貴重なのではないでしょうか。集めるとなると、手描き迷彩はタイガーストライプやダックハンター以上に資料がないので大変でしょうねw
Posted by ビッキー池田 at 2009年04月26日 20:22
どうもです。

手書き迷彩は味がありますよね、WW2でも空挺が手書きで買いたりしていましたし画像にあるように第1騎兵師団がパッチを自分で塗ったりしたのがらしくていいですよね、筆者はサブドュードよりその方が好きかもしれません。

度々自分のブログへの訪問、コメントありがとうございます
Posted by AIRBORNE at 2009年04月26日 20:27
初コメントします。

手書き迷彩って良いですよね、WW2空挺もやっていましたしね、ヴェトナム戦のネイビーシールズのフェスペイント並みに好きです(^-^)
Posted by AIRBORNE at 2009年04月26日 20:32
 訪問ありがとうございます。こちらが承認するまでコメントが表示されないように設定していた関係で2回投稿してしまったようですね。紛らわしい設定にして申し訳ありません。

手描き迷彩は1枚1枚将兵の個性が現れていて実におもしろいです。 フェイスペイントは一応塗り方が決まっていますが、衣類に描く迷彩には規定がありませんので。

WW2時の空挺には迷彩服がなかったので、(M42空挺服にはフロッグスキンパターンの試作品もあったようですが)手描き迷彩の空挺服は重宝されたと思います。

 写真の第1騎兵師団SSIは手刺繍のローカルメイド品のようです。迷彩を自分で描くような人のジャケットに付いているので、自作品かもしれません。中央の黒い線はマジックで描いたようです。そして、色落ちの感じからして茶色の部分は自分で塗ったものと思われますが、緑色のところはもともとの生地の色かと思います。

 ブログの方頻繁にお邪魔させて頂きますので、今後ともよろしくお願いします。
Posted by ビッキー池田 at 2009年04月26日 20:55
大阪はM●SHにも手書き迷彩TCUありましたね

マジックでダックパターン(の様なもの)を描いてるのですが、塗り潰すのが面倒になったのか楕円の中が適当な斜線になってたり下手くそな25師団の師団章がかかれていたりかなり香ばしいヤツです

かれこれ10年位売れ残ってますw
Posted by 鶴屋軍兵 at 2009年04月29日 00:51
 訪問ありがとうございます。

 M○SHさんにそのようなTCUがあったとは・・・。自分が行ったときはチャー○ーさんでの買物に予算を使い切ってたので、店内を軽く見て回っただけなので気付きませんでした。なかなか面白そうなので、予算があるときに問い合わせてみようと思います。

 値段にもよりますが、自分なら見た瞬間欲しくなりそうな代物ですけどねぇw
Posted by ビッキー池田 at 2009年04月29日 14:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。