2009年08月26日

米軍ユーティリティシャツ(ローカルメイド、民生品等)その2

 こんにちは。ビッキー池田です。今回は空軍で使用された民生品やテーラーメイドのユーティリティシャツを3点紹介します。





 こちらは日本の横田基地周辺のKINGS TALORというテーラーで作られたユーティリティシャツです。もともと半袖で作られたようで、背中側には反射テープが縫い付けられています。このような反射テープの取り付けはユーティリティシャツに限らず、空軍で使われた服では時々見られる改造です。


 2ndタイプ型で背中側上部に2本の縫い目がありますが、縫い目の角度が官給品(写真下側)と違います。通常2ndタイプ型の官給品以外のユーティリティシャツは背中側上部の縫い目がないので、これは珍しいのではないでしょうか。また、官給品では左胸ポケット内にペンポケットがありますが、これにはありません。ただし、ペン差込口はあります。他に1番上のボタン(襟部分のボタン)がありません。


 徽章は全て官給品です。技能軍曹階級章と軍事空輸軍団部隊章はカットエッジのタイプで、軍事空輸軍団隷下の第610軍事空輸支援飛行隊がベトナム戦争中に横田基地で活動していたため、その当時のものと思われます。


 続いてはタイのコラート基地周辺で作られたものです。


 1stタイプ型ですが、ペンポケットが省略されています。徽章は全て官給品のようで、上級空兵階級章はカットエッジタイプです。よって、60年代にコラート基地に駐留していた隊員の使用品と思われます。


 細かいですが、1stタイプとは前合わせの折り返し部分の縫い位置が違います。また、1番上のボタン(襟部分のボタン)がありません。


 最後にAFグレー(SAGE GREEN SHADE 509)カラーの空軍型ユーティリティシャツの民生品です。50年代の一時期、空軍は陸軍のOG-107ユーティリティとも海兵隊のP58ユーティリティとも違うタイプで色がAFグレーのユーティリティを使用し、その後にOG-107ユーティリティの1stタイプ型で色がAFグレーのユーティリティも採用しました。

 空軍で実際に使われたようで、技能軍曹階級章や部隊章やネームテープの跡があります。


 基本的に官給品の空軍型ユーティリティシャツと同じ作りですが、襟のところのストラップが官給品(写真下側)と違います。


 他にはボタンが官給品の空軍型ユーティリティシャツ(写真左側)やOG-107ユーティリティシャツ2ndタイプ(写真右側)と違うものになっています。


 以下の記事も参考にどうぞ。
戦後米軍ユーティリティシャツの基本バリエーション
米軍OG-107ユーティリティシャツ2ndタイプ
米軍徽章付きユーティリティシャツ3rdタイプ&4thタイプ
米軍OG-507ユーティリティシャツ改造品
米軍ユーティリティシャツ(ローカルメイド、民生品等)その1
夏季・熱帯用ユーティリティ(ローカルメイド、民生品等)その1
米軍テストサンプルユーティリティシャツ


人気ブログランキングへ






同じカテゴリー(衣類)の記事画像
米陸軍特殊部隊群パッチ付きリーフ迷彩ジャケット
米陸軍特殊部隊群パッチ付きジャングルファティーグ
米陸軍特殊部隊群パッチ付きユーティリティシャツ
米陸軍特殊部隊群パッチ付きヌードルパターン迷彩ジャケット
米軍手描き迷彩のジャングルファティーグ その3
米軍徽章付きユーティリティシャツ3rd&4thタイプその2
同じカテゴリー(衣類)の記事
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きリーフ迷彩ジャケット (2011-06-14 00:49)
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きジャングルファティーグ (2011-04-13 01:47)
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きユーティリティシャツ (2011-03-01 02:00)
 米陸軍特殊部隊群パッチ付きヌードルパターン迷彩ジャケット (2011-01-15 00:01)
 米軍手描き迷彩のジャングルファティーグ その3 (2010-11-21 02:32)
 米軍徽章付きユーティリティシャツ3rd&4thタイプその2 (2010-11-07 14:58)

Posted by ビッキー池田  at 18:42 │Comments(0)衣類

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。